【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「パクる」から「サンプリングする」へ。違和感を覚える言葉は変換しよう。

投稿日:2016/09/04

Pocket

人と話したり、文章を書いているときに、自分が選ぶ言葉に違和感を覚える瞬間がありませんか?

そのようなとき私は、似たような言葉に変換できないかということを考えるようにしています。

たとえば、「パクる」という言葉は、「サンプリングする」という言葉に言いかえて使っています。

b8e99479e58fdb2b6985e20c0827c7a4_s

 

スポンサーリンク

 

「パクらせてもらいます!」という言葉に違和感

先日、はじめてお会いした方と話しているときのできごとです。

彼は、私の名刺を見て、「伊藤さんの活動、すごいです!ちょうど名刺を新しくしようと思っていたので、デザインやレイアウトなどそのままパクらせていただきます!」と言われました。

自分の活動に興味を持っていただき、参考にしていただくのは嬉しいものです。

「真似をされない」ということは、「この人の良いところを自分にも取り入れてみよう・・・とは思われない人」ということだからです(言い方はあまり良くないのですが・・・)。

私もようやく、ブログや週末起業などを通して私の活動を参考にしていただいた方に、「伊藤さんの真似をしました!」という言葉をいただけるようになってきました。

数年前まで上から目線で話されることがほとんどだったのですから(笑)、ありがたいことですね。

真似をすること自体は、悪いことではないと考えています。

だだ、表現として、「パクる」というのはちょっと気になりました。

その方に言われたときに、心がざわついたからです。

 

「パクる」「真似」「盗む」☞「サンプリング」に変換

思えば数年前から、私にとっては「パクる」という表現がどうしてもしっくりきませんでした。

同様に、「盗む」「真似する」も少しニュアンスにネガティブな印象を受けます。

そのため、「良いところを取り入れる」という意味で、良い表現はないものかと探していました。

そんなあるときに出会った言葉があり、それ以来使っている言葉が、「サンプリングする」です。

大辞林のアプリで調べてみました。

【サンプリング】
調査を行いたい母集団(全資料)の名簿から、直接、調査の対象となる標本を抜き出すこと。標本抽出。抽出法。

この「抽出」という意味合いが私にフィットします。

「人の真似をする」ということに抵抗を感じていましたが、対象から「良い部分を抽出する」という意味では、「サンプリングする」という表現や意味合いが私には合っているのです。

「たんに横文字にしただけで、パクると意味は同じじゃないか。」という見方もありますが、そこは自分の好みということで(笑)。

 

ネガティブをポジティブに変換して受容する

私自身、師匠たちや本などから「おっ、これは良い!」と感じたものは、できる限りサンプリングさせていただいています。

私のような凡人が1から何かを考えたって、たいしたものはできあがらないからです。

それよりは、良いと思ったものをサンプリングして、自分で考えようとした場合に生じていたであろう時間やエネルギーを大幅に省いて成果をあげたいと考えているのです。

私があえて言うまでもなく、人生は有限です。

自分の頭で考えることは大事ですが、何もかも1から考えていたら人生を楽しむ前に終わってしまいますよね。

と言いつつ、、、以前の私は、「人の真似をするのはいけないことだ」というわけのわからないビリーフやプライドのようなものがありました(ああ、恥ずかしい・・・)。

しかし、今は断言できますが、何ものでもない自分が、そんな小さなプライドを持って先達たちの思考や行動をサンプリングをしていなかったから成長できなかったのです。

小さなプライドがどうしても邪魔する場合は、「パクる」ではなく、「サンプリングする」と言いかえてみましょう。

不思議なものですが、言葉の選びかた1つで自分の中に入ってくる印象も変わります。

「パクる」という少しネガティブな言葉が、自分を鼓舞してくれるポジティブな言葉に変わるということがあるのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は息子の中学校で行われたイベントに参加。

奥さんが出店の手伝いをする関係で、大きめの氷を運んだのですが、それだけでお母様がたに感謝されました。

こういうちょっとしたことで幸福感を感じてしまいます。

やはり私には「人の役に立ちたい」という欲求があるようです。

・・・単純なだけという噂もありますが(笑)。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「逃げること」は悪いことではない

目次1 ■「ログ・ホライズン」という番組をご存知ですか?2 ■RPGと人生の共通点に改めて驚く3 ■最速で成長するには?4 ■「逃げる」ことは「選択」できること ■「ログ・ホライズン」という番組をご存 …

「自分がやりたいことがわからない」ことに悩むすべての人に伝えたいこと

あなたは「私には夢がない」「自分の情熱の源泉がわからない」「私が追求したいことが見えない」と悩んだことがあるでしょうか。 もしあるとしたら、あなたは「サポートする才能がある人」の可能性があります。 そ …

履歴書や職務経歴書にのらない仕事でも、成功したプロジェクトにかかわった自分に自信を持とう。

サポートタイプで支援する役割の人は、派手な見せ場がありません。 ただ、「縁の下の力持」でも、自信を持っていいのではないでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 履歴書や蜀経歴 …

「コーチング」の効用を自分なりに1言で言語化してみるという無謀なチャレンジ

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルート~ 購読料:¥200/月(申込当月 …

成長が止まっていると感じたときは自分の「限界」を疑ってみる

「もうこれ以上は無理、、、限界」と思ったときこそ、成長のチャンスです。 もしもあなたが停滞感を味わっているとしたら、それは限界を感じていないからかもしれません。   目次1 東銀座の老舗喫茶 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。