【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

ウェルテル効果のように「無意識」の領域に働きかける5つのアプローチ

投稿日:2020/04/01

Pocket

私たちの脳には「意識」と「無意識」の2つの領域があると言われています。

そのうち「無意識」に働きかける5つのアプローチをご紹介します。




 

「ウェルテル効果」とは何か?

心理学には「ウェルテル効果」と呼ばれる現象があります。

これは、ゲーテが書いた「若きウェルテルの悩み」という小説にちなんで名づけられました。

この小説のストーリーはご存じでしょうか?

とても簡単に説明すると、主人公のウェルテルが恋をするんですが、その恋が実らずに自殺してしまう話だそうです(悲しいですよね・・・)。

「若きウェルテルの悩み」は大学生の頃に何度も読んで・・・と言いたいところでしたが、図書館や書店で何度か目にしただけで読んでいません・・・(笑)。

さて、私は心理学に興味を持つようになってから「ウェルテル効果」を知りました。

その「ウェルテル効果」とは何か。

当時の若者たちが「若きウェルテルの悩み」を読み、ウェルテルの真似をして自殺をしてしまう人が増えてしまったんだそうです。

それも、社会問題になるくらいに急増してしまったということです。

どれくらい影響があったかというと、「若きウェルテルの悩み」が発売禁止になってしまうくらいだったんですね。

これはかなり大きな影響力があったということでしょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





多数派の意見を信じる「社会的証明」

私たちは、無意識のうちに多数派の意見に流されてしまう傾向があります。

「インスタグラムはみんながやっているからおもしろい」とか、「たくさんの人が賛成しているから正しいはずだ」という具合に。

これも社会心理学用語で「社会的証明」と言われたりします。

この心理、意外と怖いことがあるんです。

それは、「多数派の意見」をたくさん浴びていると、無意識のうちにその意見にしたがう人が出てきてしまうということです。

有名な芸能人が自殺してしまったときに、後から自殺してしまうニュースを聞いたことがあるかもしれません。

研究によると、ここには心理的な関連性があると認められているんですね。

ですから、テレビやネットのネガティブなニュースは、あまり見すぎるのはさけたほうがいいです。

最近は、フェイスブックやメルマガでも、専門家ではない人がさまざまな情報を拡散しています。

中にはこちら側をあおるようなニュアンスで情報発信している人も見かけます。

そういった情報を浴びていると、私たちも無意識のうちに「ウェルテル効果」の影響がやってくるかもしれないからです。

 


■スポンサーリンク




「無意識」の領域に働きかける5つのアプローチ

人間の脳内にはコントロールできる「意識」の領域と、自分ではコントロールできない「無意識」の領域があります。

では、どちらが強いのかといえばそれは「無意識」なんですね。

「ウェルテル効果」や「社会的証明」で証明されているように。

ですから、意識で「続けよう」と思っていても、無意識が「面倒くさいからやめたい」と思っていれば、それは習慣化できなくなるわけです。

逆にいえば、無意識の領域にいい情報を刷り込めば、自分が得たい結果につながりやすくなるということなんですね。

「無意識」の働きのひとつとして有名なのが「カラーバス効果」です。

たとえばあなたがダイエットを決意したとします。

すると今までスルーしていた街中のスポーツジムの広告が目に入ったりするわけですね。

ですから、あなたがキャッチしたい情報のアンテナをはっておくことが重要になるわけです。

無意識の領域に働きかけるために、私は次のようなことをおこなっています。

 

1:画像を使う

スマホの待受画面にビジョンマップを設定しています。

スマホを見るために将来の理想が目に飛び込んできます。

1日に何度もそのイメージを見ていると、「無意識」はその情報が重要だと認識するんですね。

夢実現や願望成就をビジュアル化。ビジョンマップのつくり方。

Keynoteのスライドを縦レイアウトで作成する方法。ビジョンマップをスマホの待ち受け画面にしてみよう。

 

2:書く

毎朝、ノートに向かって目標を書いています。

同じことを毎日書くことで、「無意識」の領域に働きかけています。

情報にアクセスする回数を増やせば、脳がその情報を重要なものだと認識するからです。

ブログ、日記、ノート術。書く習慣であなたの思考の「庭」をつくる

 

3:読む

ミッションやビジョンといった重要な言葉を毎日読んでいます。

これはエバーノートのメモにリマインダーをセットして、必ず1日に一度は目を通すようにしています。

こうして目から文字情報として無意識に刷り込みをしています。

Evernoteのリマインドを活用。自分の願望に毎日目を通す習慣を身につけよう!

 

4:イメージする

理想が実現している状態をイメージします。

本当にその目標が実現した状態を頭に思い浮かべるということですね。

おすすめは「モーニングメソッド」で紹介されている方法です。

モーニングメソッドの6つの習慣であなたの朝時間を改革しよう

 

5:声に出す

5年後の目標を毎日声に出して読んでいます。

これもエバーノートのメモを活用しています。

時間はものの1分もあれば終わります。

起床後の1時間があなたの人生を決める。朝のゴールデンタイムの価値を高める方法

 

このようにして、目・耳・口を動かして無意識に目標に関するアンテナをたてるようにはたらきかけています。

「無意識」と聞くと「あやしい」と思われるかもしれませんが(笑)、意外と軽視できない部分でもあると考えています。

実際に、出版に関してはこの手法を活用していたので、本当に実現する可能性はあると思っています。

ですからぜひ、あなたも「無意識」の領域にはたらきかけてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、コーチングセッションを1件。

テーマは再開のためのモチベーション。

せっかく整えたリズム、イレギュラーで崩れてしまうものなんですよね。

しかもつかれを感じているとモチベーションも下がってくる。

そんなときに、どうすればスムーズに取り戻せるか、そして立て直せるのか。

具体的な処方箋をお渡しすることができました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

ほかの人の目が気になってしまうあなたこそ、習慣を続けられる才能があるのです。

あなたは「ほかの人の目」が気になるタイプでしょうか? それによって習慣化に挫折したことがありますか? もしそうだとすれば、逆の視点から考えると、「あなたは習慣化に向いている」という可能性があります。 …

「決断疲れ」を減らす仕組み化。ジョブズ、ザッカーバーグ、オバマ、アインシュタインに共通する習慣とは?

突然ですがクイズです。 ・スティーブ・ジョブズ氏(アップルの共同設立者) ・マーク・ザッカーバーグ氏(フェイスブックの共同創業者) ・バラク・オバマ氏(アメリカの前大統領) そして、 ・アルベルト・ア …

習慣化目標を公言しよう。内部と外部のモチベーションの組み合わせが習慣化のパワーになる。

ダイエットの習慣化、今のところ順調です。 2年ぶりのダイエットの習慣化にトライする中で強く感じるのは、やはり「自分の内部のモチベーション」と、「自分以外の外部のモチベーション」を組み合わせた際の威力で …

「MSPプロセス」で自分の天職を探し求めよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日の記事でご紹介した「天職の文章」はつくっていただけましたか? まだ書かれていない方。 あなたはご自身の …

やる気はあるのに行動できない人への対処法。

難関試験に合格する人の習慣と不合格になってしまう人の習慣。 合格する人が持っている習慣を調べたところ、まさに良習慣を持っていました。   目次1 公認会計士に合格する人が持っている良習慣とは …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。