思考の習慣

習慣は、あなたの価値を決めない。

投稿日:2023/11/30


続けている自分はOK。
続かない自分はNG。

そんな単純な図式に当てはめて、自分を苦めないようにしましょう。




 

続けられない自分に嫌気がさす

続けられていない自分も、好きでいましょう。
今日書きたいことは、それが結論です。

なぜなら、習慣形成のご相談にのっていると、たまにあるんです。
「どうしても続かない自分が嫌になるんですよね……。」と、言われることが。

そんなとき、少しだけ不思議な気分になるんです。

もし、私たちの人としての価値が「習慣」や「継続」で決まるとしたら、どうなるのでしょうか。
どんな習慣も、継続していなければならなくなります。

ちょっとイメージしてみましょう。

・二度寝は厳禁、365日早起きすべし
・運動サボりも禁止、365日ランニングせよ
・散らかしダメ、1日に30個のモノを365日捨てるべき

そんな毎日です。
それを(仮に)1年間ずっと続けなきゃいけない。

ちょっと、、、苦しいですよね。

もちろん、私だってよくわかります。
続けたい習慣が続かないときって、「こんな自分には価値がない……。」と落ち込みますよね。
習慣形成が上手な人だって、習慣がうまくいかないと「どよーん」としているときがありますから。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





続けられる自分には自信が持てる

一方、続けたい習慣が続いているときは、自信が生まれます。

何ごとも飽きっぽい自分が続いているのはすごいことだと。
継続していれば、結果もついてきます。

ですから、継続が自信の源になるというのはあるんです。
本当に。

私は、自己肯定感が安定しない方には「どんな小さなことでもいいので、毎日やると決めて、意図して実行しましょう」とお伝えしています。

それができるようになると、「やると決めたことを、ちゃんと実行している自分」を感じられるようになります。
トンネルの出口に、光が見えてくるみたいに。

その光は、最初はとても小さなものです。
それが、その人の内面を徐々に照らしていく。
やがて、その光が表情にまで広がってくる。
すると、その人が自分を信じられるようになる。
結果、自信を持てるようになるんです。

習慣には、必ずスランプがやってきます。
難なく続けられるときもあれば、いろんな方法を試してもスムーズにいかない時期もあります。

野球選手も同じですよね。
「10試合連続ヒット」のときもあれば、「10試合連続三振」のときもあるんです。
それでも、活躍している選手はたくさんいます。

それなのに、なぜか習慣形成になると、
「ちょっとでも続かないとだめ」
「1回でも途切れたら終わり」
みたいな感覚があるんです。

その考え方で習慣形成に取り組むと、しんどくなってきます。
今の習慣はなんとか続けているけれど、また次の習慣を始めたらやめるわけにはいかない。
そんな気持ちだと、ホッとひと息つく暇もありませんよね……。

それよりも、少し休んでから再開すればいいと思います。
あなたは、ちょっと休む自分も嫌いなのでしょうか……?

 

■スポンサーリンク




続けても続かなくてもあなたの価値は変わらない

ですから、最初の結論に戻ります。
続けられていない自分も、好きでいましょう。

たしかに、良習慣を形成することは、あなたの人生を豊かにすることは間違いないです。
だからといって、習慣が続くかどうかで人間の価値が決まるわけでは無いですよね。

もちろん、「だから、あなたは努力なんてしなくていい。ありのままでいいのよ。」という耳ざわりのいい言葉に惑わされ(すぎ)るのも困りますけれど。
「続く人」のあなたのほうが良いでしょうけれど、「続かない人」のあなたでも、人としての価値は変わらないということです。

反対から考えてみればわかります。

あなたの家族やパートナー、そして仲良しの友人が、「習慣に挫折しちゃったんだ……。」と言ったら、どうするでしょうか。
「もう縁を切る」とか、そんなことは言わないですよね。(笑)

きっと、続けていたら「すごいね」と褒めるでしょうし、続かなかったとしても「ナイストライ!」と応援するのではないでしょうか。
彼らに接するように、ご自身にもやさしく接していただきたいと思います。

「うまくいかなかったこともあるけど、挑んだ自分は偉いところもあるよな」と。
現状からより良くなろうとしているご自身を認めて、応援しましょう。
(そんなあなたを、私は誇りに思います。)

続けても、続かなくても。
まわりにはあなたを応援してくれる人、たくさんいますよね。

私の持論は「再開すれば、途切れない」ですから。
大丈夫です。

今から、再開しましょう。
ここから、また始めましょう。

そして、続けられていない自分も、好きでいましょう。
今日書きたいことは、それが結論です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、会社の月末業務を淡々と。

帰宅後、映画『キリエのうた』をまだ観に行っていないことに気づきました。
岩井俊二監督ファンの私としては、これではいけないと。

検索したら、都内だと上映中の映画館がありました。
すぐにチケットを予約。
上映終了に近づいており、危なかったです……。

週末が楽しみです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

あなたに起きていることはすべて「ちょうどいい」と考えてみる

トラブルやイレギュラーはできれば起こって欲しくないことでしょう。 ただし100パーセント避けることはできません。 それよりもトラブルやイレギュラーが起きてしまったときのセルフトーク(自分に話す言葉)を …

「緊張と弛緩」のベストバランスをつくる考え方。降格されない努力をしつつ、1軍のレギュラーを目指す。

常にがんばり続けるのは理想的ですが、ずっと走り続けるのは難しいもの。 しかし、リラックスし続けてサボってしまうのは考えものですよね。 どのような考え方をしていけば、「緊張と弛緩」のバランスがとれるので …

習慣とは、賃貸契約のようなもの。それは何度も更新しなければならない。

習慣と賃貸契約には共通点があるかもしれない。 そんな仮説を記事にしてみました。   「習慣とは、賃貸契約のようなもの」 「習慣とは、賃貸契約のようなもの。  それは何度も更新しなければならな …

「自信がない」は「自分のことばかり考えている」という告白

「自信がない、、、どうしたらいいんだろう」 私が初めてセミナー(というか勉強会の講師役ですね)を開催するときに、自分に話しかけていた言葉です。 今はだいぶ改善してきましたので、考え方の変化を記事に書き …

不安を感じる2つのメカニズムとその対処法

「なんとなく不安を感じるんですが、どうしたらいいでしょうか……?」 そんな質問をいただいたので、不安への対処法を考えてみました。   不安を感じる2つのメカニズム 私たちが不安を感じるメカニ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。