【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

瞑想の習慣化への再挑戦。反発期をこえた今、私が感じているメリットと難しいポイント。

投稿日:

Pocket

9月23日の「続ける習慣/やめる習慣」セミナーを受講して、私が再挑戦している「瞑想する習慣」。

メリットを少し感じられるようになってきたこともありつつ、難しいポイントも分かってきました。

children-480112_640

 

スポンサーリンク

 

瞑想の習慣化チャンレジで反発期を乗り越える

瞑想の習慣化をスタートして10日たちました。

もっとも多くの人が挫折する最初の7日間、つまり、「反発期」を乗り越えました。

42%の人が最初の7日間を乗り切れずに挫折してしまうと言われていますので、まずはひと安心という段階です。

しかし、プロセスとしては、まだ不安定期です。

行動習慣は定着まで1ヶ月かかりますので、ここから気を抜かずにハードルを上げつつ、キープが必要な時期です。

 

瞑想から得られたメリットとデメリット

私が瞑想の習慣化に10日間チャレンジしてみて感じたことは大きく2つあります。

 

(1)メリット:直感が湧き上がってくる回数が増えてきた

いまは慣れていないので、瞑想中に仕事の懸案中のことや、クライアントさんのことを考えてしまったりします。

ただ、最近になって、娘が沖縄の海で笑顔になっているシーンだったり、コーチングの新たなチャレンジを思いついたりしました。

瞑想の本によると、これは良い兆候だそうです。

自分の心に向かい合っているからこそ出てくるイメージがあるからです。

このように、瞑想のメリットを少しでも享受していると、続けやすくなるのです。

たいていの場合、このメリットを受け取る前に挫折してしまうのです。

私は、数々の習慣化に成功してきた(挫折もありますが)ので、このあたりの自分の感情の振れ幅や心理的な機微をが分かるようになってきました。

習慣化に重要なのは、この「自分を理解する」フェーズです。

 

(2)デメリット(難しいポイント):朝時間を逃すとリカバリーが難しい

瞑想は、時間と場所が限定されるので、タイミングを逃すと取り戻すことが難しいです。

まず、会社ではできません。

急にデスクで瞑想を始める社員がいたらびっくりしますよね(笑)。

ランチの休憩時間や移動の電車など、公共の場でも実行が難しいです。

いきなり目の前の人が足を組んでマントラを唱えたら、、、これも驚くでしょう。

私の対策は、やはり早起きして朝時間を活用することです。

じっくり10分時間をとれるのは、朝時間です。

夜に無理やりやろうとしたら、娘に邪魔されて3分しかできない日もありました。。。(^_^;)

このあたりが、読書や資格取得の学習とは違った難しさがある習慣だということを実感しています。

 

1日の中でわずかでも良いので自分の直感と向き合う時間をつくろう

いま、あなたは、忙しさを感じているでしょうか?

それなら、1日24時間のうち、10分くらいは日常の喧騒を離れて、自分だけの時間をつくりたいと思いませんか?

自分に向き合う時間は、意識してブロックしないと、日常のタスクに振り回されて1日が終わってしまいます。

それを防ぐために、そして心の平穏を保つためにも、瞑想はおすすめです。

私も、もう少し瞑想の習慣を深めたいので、引き続き早起きして朝時間をブロックします。

そのようにして、自分の時間を守り、スケジュールの「規律と柔軟性」をキープしていきたいと思います。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

今朝は4時55分に起きて朝ラン。

天気はくもりでしたが、蒸し暑かったのでけっこう汗だくでした。

9月12日の昭和記念公園でのトライアスロン(スプリント)に出場するため、コーチングの時間をけずってトレーニングしています。(^_^;)

 

【ご案内】
コーチングのお申し込みはこちらから!

コーチングのお申し込み | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

「自己学習を習慣化したい」のに、なかなか時間を確保できないときはどうすればいいのか?

私が自己学習を習慣化する際に確保したのは、ランチタイムの時間でした。 結果的にそれは正解だったと思っており、ポイントは「報酬」という要素です。   スポンサーリンク   目次1 動 …

習慣化のカギ。自分にプラスのフィードバックを与えて脳を「快」にする。

・三日坊主タイプの人 ・続けられるタイプの人 この2つのタイプを分けるのは、「プラスのフィードバックの有無」が大きいです。   スポンサーリンク   目次1 習慣化に大事なプラスの …

習慣化の「いつもと同じパターンにはまる」「家でだらだらしてしまう」という2つのお悩みに対する対策。

私たちが毎日すごしているのは、パターンによる行動が多いものです。 ですから、新しい行動を習慣化するためには、パターンに対する対策を考えていくことが必要です。   スポンサーリンク &nbsp …

テレビやYouTubeを観ることはあなたの将来にどう役立つのか?優先順位をシンプルにすることのすすめ。

いつも考えていることなのですが、「早起きしたいけど、できません」という人があれば、おそらく、心の底では早起きしたくないのではないでしょうか? 勉強が続かないとか、ダイエットしたいけれどやせられない人も …

退屈な日常から抜け出す小さな習慣。通勤ルートを毎日変える。

人間は「変わりたい」と思いながら、行動は「変えない」という矛盾を持っています。 その矛盾を解消していくためには、小さな変化を起こし続けましょう。   目次1 安定した日々では成長を起こせない …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。