【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仕事の習慣

会議が終わったあとが、仕事の始まり。学んだあとが、行動の始まり。

投稿日:

Pocket

会議が好きじゃない人は多いのではないでしょうか。

でも、組織だと合意形成の場としてゼロにするのは難しいですよね。

それなら、タスクを実行するための「動機づけ」として会議を活用していきましょう。




 

会議終了後の私の失敗例

私の日常には、会議があります。

その会議、どうせならうまく活用していきたいものです。

ただ、私自身「会議って非効率だな」と思っていることもあり、なかなかうまく活用することができていませんでした。

その会議について、私なりの活用法を発見したんですね。

そこで、

・失敗例

・成功例

を記事にまとめておこうと思い、これを書いています。

私が参加している定例会議は、

・「習慣化オンラインサロン」スタッフミーティングが毎週

・「習慣化オンラインサロン」絆チームミーティングも毎週

・会社の営業会議が2週間に1回

です。

失敗例は、「習慣化オンラインサロン」スタッフミーティングです。

会議で、役割ごとのタスクが決まります。

それを各自が実行するわけです。

過去の私の思考はこうでした。

「ふー、会議が終わった」

「よし、タスクが決まった。予定に入れておこう」

「今日もおつかれさまだったな。ビールでも飲もう」

こんなパターンだったんですね。

でも、予定の時間にトラブル対応などがあり、予定が実行できないときがあります。

すると、割り当てられたタスクを実行できません。

しかも、私がタスクを実行しないと他のスタッフの仕事も進まないものがあったりします。

すると最悪なんですね。

私がみんなのボトルネックになるわけです。

他のスタッフから「伊藤さん、あれどうなってますか?」と催促がくることも。

会議で決まったタスクを終えるまでに、3日くらいかかったりして。

そんなとき「あー、また先のばししちゃってるな……」と自己嫌悪に陥るんですよね。

ということで、

・会議で出たタスクを先のばしする

が、私の会議の失敗例です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





会議終了後の私の成功例

でも、最近の取り組みで、その失敗例が改善しています。

どんな工夫をしたのか。

それは、

・会議のあとにタスク実行タイムをセットで確保しておく

です。

なんともシンプルですよね。

でも、効果が抜群なんです。

会議が終わったあとなので、やることが明確です。

もしわからなかったら、その場ですぐに確認できます。

モチベーションも高い。

ですから、すぐに取りかかれます。

会議モードを、そのままタスク実行モードに切り替える感覚です。

これが、前述のように「いやー、終わった終わった」となると、「習慣化オンラインサロン」スタッフモードから、個人のリラックスモードに入ります。

エンジンをストップさせたような感覚になるんです。

すると、また動き出すまでに労力がかかります。

でも、会議のあとにそのままタスクを実行すれば、ギアを変える感覚でとりかかれるんです。

エンジンがあたたまっているので、動き出しがスムーズというわけです。

こうして、会議のあとにすぐにタスク実行タイムをとることで、変化が起きました。

会議で決めたタスクが、すぐその後に終わっているわけですから、最速です。

他のスタッフには「最近の伊藤さん、冴えてますね(笑)」と言ってもらえたんですね。

やり残しがなくなるので、未完了感もありません。

何より、すぐに取りかかれた自分にOKを出せるんです。

これによって、自分に余計なダメージを与えなくて済むんですね。

というわけで、

・会議のあとにタスク実行タイムをセットで確保しておく

こと。

これが、私の会議の成功例です。

モードがかたまっているんですね。

仕事の生産性を高める「モードをかためる」3つのステップ | 【良習慣の力!】ブログ

 

■スポンサーリンク




会議が終わったあとが、仕事の始まり。学んだあとが、行動の始まり。

そんな改善を通して、私が「会議」に対して、長い間気づいていなかったことがあります。

それは、

・会議が終わったあとが、仕事の始まり

ということです。

確かに、会議は1つの仕事の形態です。

組織では、意思決定までプロセスを共有する必要性があるからです。

それが無かったら、社長がすべてトップダウンで決めることになってしまいますよね。

それでは、やらされ仕事しかなくなり、組織の士気が下がりると思います、、、

ですから、組織がある限り、一堂に会する「会議」という形態は避けられないのでしょう。

では「会議は大事だ!」と言って、勤務時間中をずっと会議にしていたらどうでしょうか。

きっと、その会社はつぶれてしまいます(笑)。

では、大事なのは何か?

それが、

・会議のあとの行動

なんですよね。

ですから、

・会議が終わったあとが、仕事の始まり

なのです。

そのため、会議のあとにそのままタスク実行タイムを設けるのは、効果的だったわけです。

これは学習も同じですね。

「学びは大事だ!」という理由で、24時間セミナーを受けていても、人生は何も変わりません。

不器用でもいいし、不恰好でもいいので、行動する。

学びは行動にうつすことで、はじめて変化します。

つまり、

・学んだあとが、行動の始まり

ということですね。

会議も、学習も、避けて通れません。

それなら、うまく活用していきましょう。

今回の私の

・会議のあとにタスク実行タイムをセットで確保しておく

・会議が終わったあとが、仕事の始まり

は、ほんのちょっとした気づきです。

「そんなのわかっているよ」という方もいらっしゃると思います。

でも、私にとっては大事な気づきだったんですね。

そんなちょっとしたことの積み重ねが、私たちの現状を変える力に変わるのだと考えています。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ランチタイムにコーチングセッションを受けました。

今度のプレゼンへの想いを引き出してもらえました。

夜は、「良習慣塾」メンバーとのコーチングセッション。

「おかげさまで頭の整理と行動指針ができました!」とフィードバックをいただけて良かったです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-仕事の習慣

執筆者:

関連記事

私たちは「集中できる環境づくり」にもっと投資したほうがいいと考える理由

あなたの才能を発見したり、やりたいことに気づくために必要なのは「中断されない時間」です。 そのために、もっと集中できる環境づくりを考えていきましょう。   目次1 相互集中タイムで3ヶ月の先 …

「つるみの法則」 を活用して、人生を豊かにする出会いを増やす方法。

限られた人間関係の中で、閉塞感を味わっていませんか? 人生をより好ましく変えていくためには、「出会い続ける」ことが重要だと思っています。   スポンサーリンク   目次1 「つるみ …

仕事をスピードアップするための手書き習慣

手書きを増やすようになり、思考系の仕事がスピードアップしている感覚があります。 その理由を記事にしてみました。   目次1 手書きが仕事のスピードアップにつながる2 「反射光」と「透過光」と …

不慣れなゾーンで成長する。「停滞・制御下・複雑性・混乱」4つの領域。

人がもっとも成長できるポイントがあります。 それは「停滞→制御下→複雑性→混乱」の4つの領域の中にあるものです。   目次1 エッセイセミナーで新しい文章体験2 「慣れているゾーン」の先は「 …

営業の「訪問しづらいお客さま」を、「ありがたいお客さま」に変える3つの方法。

営業で「訪問しづらいお客さま」に出会ったときは、どうするといいのでしょうか。 私の経験から、あえて接触頻度を高めることで、「訪問しづらいお客さま」かが「ありがたいお客さま」に変わる可能性があることをお …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。